マイナンバーを使って医師・看護師を把握

2021年1月20日の日経新聞一面の記事でしたが、マイナンバーに医師・看護士等の居住地等を把握しようとしているとの報道が出ました。

ちょっと気持ち悪い気がする、というのはごくごく個人的な感想としても、導入時には「オプトアウト(希望して登録しない)」する選択肢が必要なのではないかと思いました。これ、日経の記事は比較的前向きな取り上げ方だったと思うのですが、私の第一印象は「国民総動員」へ向けた第一歩という風に感じてしまいました。感染拡大に対応する有事に必要というニーズは理解できますが、マイナンバー活用へ向けた方策の一部として、どさくさに紛れて何でもマイナンバーに紐付くのはどうなのでしょう。。。

このまま行くと、大型運転免許も有事に協力を得るために・・・という理屈で運転免許も連動、社会保険の効率化ということで勤怠や給与支払いも全て連動、社会インフラの効率的な設計のためにSuicaもETCカードもつなげる。これで全ては効率化できてめでたしめでたし!という未来が見えてくるような気がしました。まぁ、便利な世の中かもしれませんね。

日経新聞電子版「医師・看護師を一元把握 緊急時に備え マイナンバー活用、法改正へ」
https://www.nikkei.com/paper/article/?b=20210120&ng=DGKKZO68324340Q1A120C2MM8000


コメントを残す