京浜急事故に思うこと

2019年9月5日に京浜急行で大型トラックと快速特急(快特電車)との衝突事故が発生しました。まずは亡くなられたトラックの運転手の方のご冥福と、怪我をされた方のご回復、関係者の皆様の心の傷の回復をお祈り申し上げます。

さて、今回の事故で気になる事は、当然なぜトラックがあの道に入り込んでしまったのかということと、ブレーキがなぜ間に合わなかったのかという点に集約するかと思いますし、この点に大きな異論はありません。

快特運転士のブレーキのタイミング

でもちょっと違和感があるのがまず快特電車の運転士さんが非常ブレーキをかけるのが遅かったのではないかという論調に傾きつつあるのではないかと言う点です。

事故調の調べが進むにつれて様子は明らかになると思いますが、まずそもそも運転士さんのブレーキが遅かったのではないかという話題になる前に、本当に運転士さんが非常信号を確認できることができたのかという点が疑問になるべきだと思います。恐らく何らかのセンサーがトラックの進入を感知して非常信号を発光したという前提ではありますが、事故の瞬間に至る映像がない以上、事故の何秒前にトラックが進入したのか、またいつ非常ボタンが押されたかという2つのタイミングによって、もしかすると報道されている600m程前までに非常ブレーキをかけられていなかったという可能性もあるのではないかと思います。

仮に運転士さんが信号を見落としていたとしても、人間がやる事である以上、そして特に日常的にみる信号ではないでしょうから見落としもあり得るのではないかと思います。

いずれにしても恐らく夢の職業にようやくたどり着いたと思われる運転士さんがトラウマを背負ってしまわないかがとても心配です。

京急の努力とTwitter

一部報道でも出ていましたが、京急の車両は電動車を先頭車にして自重を増すことで脱線リスクを減らしていることなど、京急側の取り組みがTwitterで流れたことには感嘆しました。

香港の件でもそうですが、こういった様々な視点で物事を見られるようになったのはやはりインターネットメディアのいい点だなぁと思いました。

今回の事故をきっかけに過度に鉄道の安全設備強化になるような流れにならなければよいなぁと思っています。

大型トラックの迷い込み

さらに気になるのは直接の原因となったであろう大型トラックの迷い込みの原因です。報道では拘束の入り口を逃して高さ制限などによりあの道に迷い込んでしまったようですが、最終的に前にも後にも動けなくなってしまった運転手さんの焦りもあったのだとは思いますが、そういう意味では非常に不幸な形の事故だなと感じました。

こちらも万全は無理かもしれませんが、高速の入り口がUターンだったことや、路地への大型車進入への注意喚起が足りなかったのではないかなど、こちらの方は全国にもしかしたら類似の可能性があるのではないかと感じました。

なぜか指摘されない事故拡大の可能性

今回一番気になっているのが、報道であまり事故が拡大する可能性がなかったのかが論じられていないことです。

可能性としては脱線した車両に対向電車が突っ込む可能性や、脱線した電車が線路脇の住宅に突っ込む可能性もあったのではないかという気もするのですが、このあたりに関するコメントがあまり見られないのはそもそも荒唐無稽な疑問だからでしょうか?

もしかすると十分な安全対策が行われて考えられないことで、僕が知らないだけなのかもしれませんが、事故のリスクの可能性としては恐らくあり得ない話題ではないと思うのですがいかがでしょう。

とはいえ、論じたところで具体的な対策は打てない、という問題をはらむかもしれませんが、やはり可能性としては検討すべきないようだと思います。

随分昔の話にはなってしまいますが、2000年に発生した営団日比谷線の脱線事故では事故分析の結果、各線で脱線防止ガードの設置が進んだり、メトロ線の車両台車の設計変更などへとつながっていきました。

Wikipedia 営団日比谷線中目黒駅構内列車脱線衝突事故https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%96%B6%E5%9B%A3%E6%97%A5%E6%AF%94%E8%B0%B7%E7%B7%9A%E4%B8%AD%E7%9B%AE%E9%BB%92%E9%A7%85%E6%A7%8B%E5%86%85%E5%88%97%E8%BB%8A%E8%84%B1%E7%B7%9A%E8%A1%9D%E7%AA%81%E4%BA%8B%E6%95%85

今回は上に上げたような事故の拡大は起きませんでしたが、このような機会にリスクを洗い出して将来の事故が起こらないように、また事故の被害が最小限に済むように検討して頂きたいと思います。

Hazeにご注意!

ペナンにお住まいの方はお気づきだとは思いますが、最近霧がかかったような日が散発していますが、これはHaze(ヘイズ)と呼ばれる煙霧です。

インドネシアの焼き畑などによるものが風に乗ってはるばるやってくると言われていますが、当然日本で言うところの黄砂やPM2.5などと同様、呼吸系など健康への影響が出る方もいらっしゃいます。

東南アジアのヘイズ問題[編集]

インドネシアを中心とする東南アジアでは、熱帯雨林の火災や泥炭火災の煙が大規模な煙霧となって周辺国にまで広がる越境大気汚染問題が1980年代から発生し、年々深刻化している[1]
最も古い越境汚染の例として、1972年にインドネシアの森林火災の煙が近隣のシンガポールに達した例がある。その後、1980年代にも何度か越境汚染が発生した。1997年には、1000万ヘクタール近くの大規模な火災と、エルニーニョ現象に伴う乾燥が原因となって過去最大規模の煙霧が発生、インドネシア、ブルネイマレーシアフィリピン、シンガポール、タイの6か国に影響が及んだ[2]。その後も2006年、2013年、2015年にも大規模な煙霧が越境汚染を引き起こしている[1]
煙の中には微小粒子状物質であるPM2.5PM10SO2NO2COO3などの有害物質を含む。なかでも粒子の細かいPM2.5による健康被害の影響が大きく、周辺国の間では広く問題視されている。

Wikipedia ヘイズ(気象) より
https://ja.wikipedia.org/wiki/ヘイズ_(気象)

このHazeについては広く東南アジアに影響を及ぼしていますが、この影響度合いがPSI(Pollutant Standards Index 空気質指数)、API(Air Pollution Index 空気汚染指数)などと呼ばれる数値で発表されています。

最近は見るからに空気が悪そうなので自分は下記のサイトなどで状況を確認して、80を越えているときはジムなど屋内での運動に切り替えるようにしています。

ただし、大きな文字で書かれている数字はマレーシアの古い基準で表示されています。マレーシアの国旗の左下のあたりに黄色い枠で小さく出ている数字が現在多くの国で使われている数値になっているので、こちらを参照する方が良いと思っています。

http://aqicn.org

# 画像がわかりにくかったので9月9日に差し替え、「 マレーシアの国旗の左下のあたりに黄色い枠で 」という表現を追記しました。

PSI指数カテゴリ
0 – 50Good(良い)
51 – 100Moderate(並)
101 – 200Unhealthy(健康に良くない)
201 – 300Very Unhealthy(極めて健康に良くない)
赤色301 – 500Hazardous(危険)

当然、数値が高くなるにつれて、呼吸器の弱い方には影響が出てきますし、なんとなくのどがイガイガするような気もする日も出てきます。

季節風の向きが変わるまでしばらくこのような状況が続きますので、ぜひご留意を。

Queensbay Mallにも一風堂ができる!

2018の7月にGurney Plazaに一風堂ができてペナンのラーメンライフが一気に進展しましたが、どうやら2019年10月頃にペナン空港や工場街にもほど近いQueensbay Mall(イオンが入っているモールです)にもお店が開店するようです。

すでにスタッフの募集等も始まっているようです。少しずつペナン島の南側に住んでいる日本人も増えているようですので、便利になりそうですね。

マレーシアの求人事情

Ippudo MalaysiaのFacebookページには既に求人が公開されていて、具体的な準備が進んでいる感じが伝わってきます。

ちなみにマレーシアはイスラム教の国ですが、一風堂のメニューには戒律で禁止されたハラーム食材のオンパレード。というわけで8時間勤務よー、といった日本でも見られる条件の他に「Non-Muslim(イスラム教徒以外)」という表記があったりもします。

https://www.facebook.com/IppudoMalaysia/

その他に、英語が話せないとダメとか、週6日勤務とか、いろいろと気になる事もあります。

ちなみに福利厚生のHostel Allowanceって何でしょう。住宅補助みたいなものかと思いつつですがご存じの方がいたら是非教えて下さい。

https://www.facebook.com/IppudoMalaysia/

海外一風堂は別メニュー

昨年撮影したメニューなので既に変更もあるかもしれませんが。

ちなみにマレーシアの一風堂にはラーメンやぎょうざ以外にも串焼きやおつまみ系メニューなど、日本では見られないフードも多いので、もし海外の一風堂を試したことがない方は是非一度のぞいてみてはいかがでしょうか? (あー、何度も行っているのにマレーシアでのフード写真がない・・)

ちなみにQueensbay Mallには既に日系の「麺屋 雅」さんが入っていますし、モールの向かいにはUchino Ramenさんというローカルのお店もオープンしていますので、ペナンのラーメン激戦区(苦笑)になりそうな様相です。