2020年版 MacBookとiPad、どれを買うべきか&数千円安く買う方法

世界が自粛に苦しむ中、次々とAppleが新製品を発表しています。
そんな中、何人かから今買うならどのMacがいいの?iPad Pro買おうか悩んでいるんだけど、というご相談を頂きましたので、まとめてお勧め機種を整理したいと思います。

結構強くお勧めしています、iPad。

まず始めに、個人的には今、結構皆さんにiPadをお勧めしています。特に「あんまりパソコン詳しくないんだよねぇ。パソコン、そんなに毎日使うわけじゃないんだけどどれかったらいい?」というような場合にはiPad Airをお勧めしています。

iPad OSが登場したことで大分パソコンっぽい使い方もできるようになりましたし、純正キーボードやマウスへの対応も進み、しかも出先ではモバイルバッテリで追加充電できたりと、いろいろなメリットがあります。ペンシルで手書きに対応できること、日常パソコン使わない人こそメディアブラウザとして動画や電子書籍リーダーとしても活躍するので、たぶん買って良かった!思ったより使う!といってもらえると思っています。

当然、iPadに移行する前に、普段使っているアプリケーションや機能がiPadで使えるかどうかだけは確認して下さいね!

iPad ProとiPad Airで悩んだら

まず始めに、基本的にはProでもAirでもない無印iPadは基本的にはお勧めしていません。例外はお子さんのおもちゃ用途。子守道具としておもちゃにしたり動画を流しておきたい、お絵かき用に使いたい、という場合は例外的にお勧めしていますが、おとなの皆さんは最低限Airにしましょう。

iPadをお勧めしたい人

基本的には万人にお勧めしたいiPadですが、特に出張族・ノマドには全力でお勧めします。人生変わります。まじで。
もしiPadなしで出張しているとしたらかなり損しています。

  • 何より素早い起動。
    ぱっと思ったときに何でもできるのがiPadです。
  • 狭い機内でのメールやレポートの処理
    本体の取り回しがしやすいだけではなく、前の人が急に前回でリクライニング倒してきてもパソコンと違って致命傷にはなりません。
  • そんなに仕事人間でなければ見る物のなくなった機内エンターテイメントの代わりに動画の鑑賞
  • ホテルではミュージックプレイヤーとして(特にProのスピーカーはGood!)
  • 雑誌や電子書籍などのリーダーとして
  • 手書きメモ
  • さらにはPDFを使った文章校正や書類の承認作業なども圧倒的にiPadが便利
  • 最悪立ちながらでも作業可能

Macを買うべきなのはどんな場合?

そんな中でもMacを買うべきだと思う人が何パターンかいます。
今回は原則として、モバイルでも使う、動画や画像を作るクリエイター系の人ではない、お金が余って困っているわけではない、という前提で進めさせていただきます。

iPadではなくMacがお勧めな人

  • 一日の大半を文章を書いて過ごすような人
    ライターさん、論文を書いたりする人(先生、学生)です。iPadのキーボードも進化しているので、普通にメールやブログ記事を書く程度であればiPadでよいと思っていますが、一日の大半をキーボートとともに過ごしているなら、やはりキーボード付き製品の方が使いやすいです。
  • 膝の上でタイプすることが多い人
    移動中、電車などでタイプすることが多い方にはMacBookをお勧めします。飛行機や新幹線など、テーブルのある場所での作業であれば問題がありませんが、iPadを膝上で使うのは難しいです。
  • 頻繁に様々な周辺機器を使う人
    デジカメの写真を吸い出すだけ、くらいであれば良いですが、同時に外付けHDが必要、オンライン非対応のプリンタを毎日使うなど、USBなしの生活が考えられない方はMacにした方が良いでしょう。
  • クリエイティブ系に進出したい人
    これから動画編集をしたいなど、今後機材の使用法がパソコンに負荷をかける作業になるようであれば、Macにして置いた方がいいと思います。ただし、イラスト系はもしかするとiPadの方が便利かもしれませんが、ちょっと専門分野になるので別途調べていただいた方が良いと思います。 

まだ決められない?

じゃあ両方買っちゃいましょう!

半分冗談、半分本気です。

やっぱりそれぞれにメリットデメリットがあるので、もし可能ならMacBook AirとiPad Airを買うという選択をお勧めします!ページの後半で少しでもお得に買う方法を紹介しているので、もう両方買っちゃうよ、という方は是非ご参照下さい。

片方しか予算無いんだって!という方、では細かく見てみましょう

まぁそんな当たり前の決断が出来ないからご相談いただいたり、この記事を読んで頂いているかと思いますので、改めて現行機種のスペックを確認して見ましょう。

Macのスペック一覧(下位モデル・構成で比較)

MacBook ProMacBook AirMacBook Air
発売2020年5月2020年3月2020年3月
CPU i5 1.4GHz Quadi3 1.1GHz duali5 1.1GHz quad
メモリ8GB 2133Mz8GB 3733MHz8GB 3733MHz
ストレージ256GB256GB512GB
ディスプレイ13.3Inch13.3Inch13.3Inch
2560 x 16002560 x 16002560 x 1600
500ニト500ニト400ニト
バッテリ10時間11時間11時間
重量1.4kg1.29kg1.29kg
サイズ(mm)15.6 x 304.1 x 212.416.1 x 304.1 x 212.416.1 x 304.1 x 212.4
インカメラ720p720p720p
その他Touch BarNew Magic KeyboardNew Magic Keyboard
お値段(税別)
¥134,800¥104,800¥134,800

この一覧を作って興味を引いたのがMacBook Airの上位オプション(CPUをi5にしたもの)とMacBook Proの下位モデルと構成が非常に似通っていて、しかもストレージに於いてはAirの方に軍配があがるという点です。

これを加味すると、

  1. 多少画像や動画編集を扱うことがある →MacBook Pro
  2. データのボリュームが多いけど、あまり動画編集などはしない →MacBook Air
  3. 基本的にはブログ投稿やメール程度の業務 →MacBook Air (CPU i3モデル)

という選択かと思っています。もちろん、必要に応じてカスタマイズもできるので、例えば動画編集はしないけど、昔の写真とかが大量にあって、、、という場合には上のリストの3をベースに、ストレージだけ増やすというオプションが良さそうです。

iPadのモデル比較

続いて、iPadのモデル比較をしてみたいと思います。

iPad ProiPad AiriPad
12.9インチ第4世代第3世代第7世代
発売2020年3月2019年3月2019年9月
CPU A12ZA12A10
メモリ(非公式)6GB3GB2GB
ストレージ128GHz64GHz32GHz
ディスプレイ12.9 inch10.5 inch10.2 inch
Liquid RetinaRetinaRetina
2732 x 20482224 x 16682160 x 1620
輝度600ニト500ニト500ニト
バッテリ10時間10時間10時間
重量641g456g483g
サイズ(mm)5.9 x 214.9 x 280.66.1 x 174.1 x 250.67.5 x 174.1 x 250.6
メインカメラ12MP x 10M pixcel8M Pixel8M Pixel
インカメラ7M Pixel7M Pixel1.2M pixel
充電・コネクタUSB-CLightningLightning
ペンシル第2世代第1世代第1世代
スピーカー4基2基2基
認証方式Face IDTouch IDTouch ID
その他Lidar
お値段¥104,800¥54,800¥34,800

以上を比較して頂いてまず気になるのがお値段。iPad ProとAirには5万円の価格差があります。

2つの機種の主な違いは見た目(笑)、ディスプレイ、使えるペンシルの種類、コネクタ、スピーカー、そしてLidarがあります。

つまり、これらの差に5万円以上の追加投資の価値がある!と思えればPro、無ければAirという結論です。

以上を踏まえて個人的な万人受けするお勧めはiPad Airとなります。

実は今のiPad Airは一昔前のProとほぼ変わらない

正直、自分が今持っているiPad Pro 2017モデルと、現行のiPad Airはほぼ同スペックなのに、お値段で5万円以上安くなっているので、うらやましいというか悔しい思いをしています。更に言えばiPad Proを買い換えたいと思っていますが、以下がネックになって新しいモデルへの買い換えに消極的ですらあります。

iPad Pro 2017iPad Air
CPU A10XA12
メモリ(非公式)4GB3GB
ストレージ512GB (カスタム)64GHz
ディスプレイ10.5 inch10.5 inch
RetinaRetina
2,224 x 1,6682224 x 1668
輝度500ニト
バッテリ10時間10時間
重量469g456g
サイズ(mm)6.1 x 174.1 x 250.66.1 x 174.1 x 250.6
メインカメラ12M Pixel8M Pixel
インカメラ7M Pixel7M Pixel
充電・コネクタLightningLightning
ペンシル第1世代第1世代
スピーカー4基2基
認証方式Touch IDTouch ID

新iPad Proの自分にとってのデメリット

  • 認証がTouch ID(指紋)からFace ID(顔認証)になった
    オフィスで机に置いたまま認証、ベッドで横になりながら認証、というのが出来ないので不便
  • Apple Pencil、Lightning Cableなど周辺機器を全入れ換えしないといけない
    新しいペンシルに乗り換えたい気持ちもあるけど、本体に加えてケーブル・アダプタ類まで全交換になるのでダメージがでかい。Lightningコネクタであれば、充電器やテレビへの出力などもiPhoneと同じケーブルが使えるのに、iPadだけUSB Cになると持ち物が増える。。。
  • 重たい
    スペック通りなので深くは触れません。でも2017モデルの重量(蓋も付けて)が長時間使う限界の重さかなぁと思っています。
  • 値段
    そして上記のデメリットも踏まえた上で、本体+周辺機器も買うと20万を超える投資になってしまうため、これも大きなデメリットとなりました。

それでも気になる?iPad Proがお勧めな人

とはいえ、やっぱり上位機種は気になりますよね?以下の言い訳が該当する方には5万円以上の追加投資もありだと思います。

  1. 新機種を見せびらかしたい
    なんだかんだ言ってもこれ、結構大きいですよね?ふふふ。
    みんなの羨望のまなざし、聞かれる使用感。ほら、買っちゃえー!
  2. Lidarでやりたいことがある
    Lidarって何?ってかたは自分で調べてみて下さい。とりあえず自分にはまだ活用法が思いつきません。
  3. 大きな画面
    Airより大きな画面と解像度、作業によっては重宝すると思います。
  4. 屋外で使うことがほとんど
    Airより明るい画面は重宝すると思います。ただ、ここだけが目的なら個人的には5万円は出せないかな・・・。
  5. より良いスピーカー
    iPadで動画や音楽を鑑賞する機会が多い方にはこれだけでもメリットかもしれません。個人的には結構大きな要素です。

少しでもお得にMacやiPadを買う方法

高い買い物ですから少しでもお得に買いたいところですが、Apple製品はなかなか割引されませんよね・・・?何かいい方法がないかいろいろ調べてみたところ、以下の2オプションがありそうです。

1.整備済み品を買う方法

なんらかの理由で返品されて修理された製品を大幅に安く買うことが出来ます。Appleが返品を受けてクリーニング&正規に修理した商品ですので、基本性能には全く問題なく、新品同様、1年の保証がついてきます。 

あくまでも返品&修理がベースですので、常に在庫があるわけではありませんが、もしあればラッキー。まずは確認して見ては?

整備済みMac
https://www.apple.com/jp/shop/refurbished/mac

整備済みiPad
https://www.apple.com/jp/shop/refurbished/ipad

2.Amazonチャージを活用して購入

こちらはポイントでの割引に近い発想です。Amazonチャージでは最大で2.5%のポイントが還元されます。商品のポイント還元がAppleの新モデルであれば恐らく1%が平均的だと思いますので、併せて3.5%の還元がある計算です!

※上記は2020年5月22日の検索結果です

例えば上記の例だとMacBook Proのポイントが5%で10,384ポイント、チャージのポイントが5,192ポイント還元されますので、併せて15,576円分お得になります!


以上、ざざーっと気になる点をまとめてみましたが、結論、でましたか?

さぁ、ぽちっとしてしまいましょう!

まだ悩んでいるようだったら、気になる機種を店頭でぜひ触ってみて下さい。それでも買う気にならなければ、まだ早いと言うことでよいかと思います。個人的には5G対応とiPhoneのコネクタ変更待ちかなぁと思っていたりします。大きな画面のiPadも魅力的なのですが・・・。

Leave a Reply