KLIAエクスプレスのチケット払い戻しはできない件

事の顛末

今週末、大学の同窓会があってクアラルンプールに行きました。往復はAir AsiaでKLIA2に到着して、空港から市内までの往復はこの前買いそびれてしまった割引のついた切符を往復で事前に購入。

これで完璧!と思っていたのですが、なんと帰り道、ぼーっとして電車に乗ったらKLセントラルに向かうはずが反対方向に乗っていることに気づかず、終点手前で発覚するという大失態。しかも今回はぎりぎりのスケジュールで移動していたので、そこからセントラルに戻る電車に乗っていてはとても間に合わない!ということで諦めて空港でタクシーに直行することになりました。

そこで問題なのが事前購入していたKLIAエクスプレスのチケット。いろいろ調べてみると返金はできず、有効期間は30日間なので、どうやらそれまでに使うしかこのチケットを救済するすべはないようです。

というわけで、 この記事を見ている方は既に返金したいと思って調べているかと思いますので大変残念ではありますが、結論としては知人に差し上げる、諦める、などの選択肢しかないようです。

KLIAエクスプレスの運送規約

どうにも中途半端な運送規約で腑に落ちないのですが、下記のURLに運送規約(Conditions of Carriage)が記載されています。返金については以下しか書かれていません。
http://www.kliaekspres.com/wp-content/uploads/2012/11/Conditions-of-Carriage.pdf

ざっくり言えば60分以上、当社の責による事象で遅延した場合には返金することがあります、ということなので、当然今回の事象はこの項目には当てはまりません。それ以外の返金については明示がないので争えば可能性がありそうな気もしますが、まあそこまではしないですよね・・・。

結論:返金は無し。ということはもしかしたら割引チケット、特に往復チケットは買わない方がいいかも。

ちょっと定かでない記憶だったり、タイミングによって様々な割引パッケージがあるのでなんとも言えませんが、事前にチケットを予約するとRM5(130円くらいですが、現地では軽食が食べられます)ほどの割引があり、往復でRM10も安くなれば一件お得ではあるのですが、今回のようなことがあると相当なダメージがあります。

KL在住で毎月1回は空港に行くというような方を除いてはもしかすると、直前の予定変更リスクなども考えるとこの割引額は無視する方が賢いのかもしれません。

また、クレジットカードによる支払(非接触支払ができるゲートもあります)で同等の割引があることもありますので、これを活用すると事前予約については全く意味がないのかな、と思ってしまいました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *