京浜急事故に思うこと

2019年9月5日に京浜急行で大型トラックと快速特急(快特電車)との衝突事故が発生しました。まずは亡くなられたトラックの運転手の方のご冥福と、怪我をされた方のご回復、関係者の皆様の心の傷の回復をお祈り申し上げます。

さて、今回の事故で気になる事は、当然なぜトラックがあの道に入り込んでしまったのかということと、ブレーキがなぜ間に合わなかったのかという点に集約するかと思いますし、この点に大きな異論はありません。

快特運転士のブレーキのタイミング

でもちょっと違和感があるのがまず快特電車の運転士さんが非常ブレーキをかけるのが遅かったのではないかという論調に傾きつつあるのではないかと言う点です。

事故調の調べが進むにつれて様子は明らかになると思いますが、まずそもそも運転士さんのブレーキが遅かったのではないかという話題になる前に、本当に運転士さんが非常信号を確認できることができたのかという点が疑問になるべきだと思います。恐らく何らかのセンサーがトラックの進入を感知して非常信号を発光したという前提ではありますが、事故の瞬間に至る映像がない以上、事故の何秒前にトラックが進入したのか、またいつ非常ボタンが押されたかという2つのタイミングによって、もしかすると報道されている600m程前までに非常ブレーキをかけられていなかったという可能性もあるのではないかと思います。

仮に運転士さんが信号を見落としていたとしても、人間がやる事である以上、そして特に日常的にみる信号ではないでしょうから見落としもあり得るのではないかと思います。

いずれにしても恐らく夢の職業にようやくたどり着いたと思われる運転士さんがトラウマを背負ってしまわないかがとても心配です。

京急の努力とTwitter

一部報道でも出ていましたが、京急の車両は電動車を先頭車にして自重を増すことで脱線リスクを減らしていることなど、京急側の取り組みがTwitterで流れたことには感嘆しました。

香港の件でもそうですが、こういった様々な視点で物事を見られるようになったのはやはりインターネットメディアのいい点だなぁと思いました。

今回の事故をきっかけに過度に鉄道の安全設備強化になるような流れにならなければよいなぁと思っています。

大型トラックの迷い込み

さらに気になるのは直接の原因となったであろう大型トラックの迷い込みの原因です。報道では拘束の入り口を逃して高さ制限などによりあの道に迷い込んでしまったようですが、最終的に前にも後にも動けなくなってしまった運転手さんの焦りもあったのだとは思いますが、そういう意味では非常に不幸な形の事故だなと感じました。

こちらも万全は無理かもしれませんが、高速の入り口がUターンだったことや、路地への大型車進入への注意喚起が足りなかったのではないかなど、こちらの方は全国にもしかしたら類似の可能性があるのではないかと感じました。

なぜか指摘されない事故拡大の可能性

今回一番気になっているのが、報道であまり事故が拡大する可能性がなかったのかが論じられていないことです。

可能性としては脱線した車両に対向電車が突っ込む可能性や、脱線した電車が線路脇の住宅に突っ込む可能性もあったのではないかという気もするのですが、このあたりに関するコメントがあまり見られないのはそもそも荒唐無稽な疑問だからでしょうか?

もしかすると十分な安全対策が行われて考えられないことで、僕が知らないだけなのかもしれませんが、事故のリスクの可能性としては恐らくあり得ない話題ではないと思うのですがいかがでしょう。

とはいえ、論じたところで具体的な対策は打てない、という問題をはらむかもしれませんが、やはり可能性としては検討すべきないようだと思います。

随分昔の話にはなってしまいますが、2000年に発生した営団日比谷線の脱線事故では事故分析の結果、各線で脱線防止ガードの設置が進んだり、メトロ線の車両台車の設計変更などへとつながっていきました。

Wikipedia 営団日比谷線中目黒駅構内列車脱線衝突事故https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%96%B6%E5%9B%A3%E6%97%A5%E6%AF%94%E8%B0%B7%E7%B7%9A%E4%B8%AD%E7%9B%AE%E9%BB%92%E9%A7%85%E6%A7%8B%E5%86%85%E5%88%97%E8%BB%8A%E8%84%B1%E7%B7%9A%E8%A1%9D%E7%AA%81%E4%BA%8B%E6%95%85

今回は上に上げたような事故の拡大は起きませんでしたが、このような機会にリスクを洗い出して将来の事故が起こらないように、また事故の被害が最小限に済むように検討して頂きたいと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *